予算を決めておく

物件を検索するポイントとしては、まずは予算を先に決めておくことです。予算も、かっちり「○万まで」とするのではなく、少々多めに設定しておいて、後から比較検討した方が余裕があって良いでしょう。予算が安い物件は何かしらの設備が削られているため、あれがない、これがないと後悔しないためにも、あらかじめ高めの額を見積もっておきます。そして、家賃・設備・その他間取りや立地などの条件を照らし合わせてもっとも良さそうな場所に決めれば間違いが少なくて済みます。


理想的な予算基準は、総収入の3分の1くらい、もしくはそれよりも低く抑えるのが適当とされています。毎月の給与が20万であれば、大体5~6万が適切であるということです。しかし首都圏などの都会、都心部では家賃が依然として高額であるため、収入の3分の1以上を支払うケースも一般的になっており、20万の収入で7~8万を割くことも珍しくありません。そのような事情のためか、最近ではルームシェアやシェアハウスに住むなどして、家賃の支出を抑えている方も少なくないようです。


また、毎月の家賃とは別に契約時は家賃の6ヶ月分くらいは必要になると言われています。ここには敷金・礼金・仲介手数料・前納する分の家賃などが含まれ、物件によっては駐車場やその他の設備の料金も必要になります。どのくらい費用がかかるかを前もって計算し、余裕を持って引っ越しに臨みたいところです。


予算から物件を決める際は、高額な地域をあらかじめ除外しておくと絞り込みが楽になります。たとえば都心に近ければ近いほど、またアクセスが便利な場所ほど家賃は高額になります。特に首都圏であれば渋谷区や港区などはまず単身者には向かない高額な家賃となりますので、もしもこれらのエリアを視野に入れるのであれば、生活費の色々な面において妥協する必要があります。


しかしながら、生活に必要なものは家賃だけではありません。食費、交際費、光熱費、通信費なども同じく重要です。したがって、物件を決める時には、万が一の事を考えつつ慎重に家賃の設定を行いましょう。さらにいえば、ぐっすり寝られる部屋が良いのか、比較的狭い部屋でも十分か、とにかく職場に近い場所が良いのか、それによっても予算は変化します。


条件を決めておく


賃貸の部屋探しには、まず前もって条件を設定しておくことをおすすめします。ここに住みたいという地域や沿線があればそこから探しても良いですし、"職場に近いところ"というように職場へのアクセス重視で選んでも良さそうです。


また、そうした住まいの場所を条件として挙げる以外には部屋の設備を条件に挙げる場合も多くみられます。特にバス・トイレが別になっているかどうか、またきれいであるかどうかなど、リラックスできる空間としてお風呂場を重視している方も少なくありません。


しかし、単身者専用のワンルームなどにはそうした条件に合う部屋はあまり多くはありません。お風呂場もユニットタイプが多く、部屋の中の設備も必要最低限であるなど、比較的条件を絞り込んでの物件探しとなる可能性もあります。しかしワンルームの場合は広さがまちまちですので、同じ金額でも6畳なのか8畳なのか、あるいはそれ以上なのかによっても違いますし、ワンルームだけのマンションも登場しているので、眺めの良いお部屋を借りることもできます。設備面よりも物件の立地や部屋の広さなど、基本的な部分に条件を設定しておくと良さそうです。


物件探しの条件として、周辺環境が整っていることも同じく重要です。たとえば毎日の生活に必要なコンビニ、スーパーなどの小売店や、銀行・郵便局・病院など公共の機関は自宅から近いかどうか、通勤・通学に何分(何時間)かかるか、またバス停や駅まで何分かかるかは実際に歩いてみたりすることで確かめられます。10分と書かれていても実際はそれ以上になることも。朝、余裕を持って家を出られるかどうか事前によくチェックしておきましょう。


部屋の間取りだけでなく、建物の築年数も条件に入れておくと良いかもしれません。新しくなればなるほど家賃は高くなりますが、そのぶんオートロックや防犯カメラなどさまざまな設備が備わっていることもあります。入居してからは自分の家となるわけですから、これだけは必要だという条件を決めておきたいですね。