時期を見て決める

引っ越しや転居で不動産物件を探す時、最適な時期というのはいつ頃でしょうか?4月に生活をスタートさせるとなると、少なくとも3月中でなければいけませんが、実際の狙い目の時期はいつ位が理想的なのでしょうか。


1月~3月は引っ越しの時期と言われています。3月からでは遅すぎる!と思う方は2月から、あるいは誰より早くに行動する方は1月の正月後すぐに動き始めますので、この時期は一番物件に空きが多く出ます。単身者の場合はやはりこの3ヶ月内で行動するのが望ましいでしょう。そのかわり、どこのショップへ行っても混んでいて、なかなか時間を割いてくれない、あるいは要望が通りにくいという特徴もあります。


4月~5月頃は引っ越しが一段落する時期なので、物件も埋まっていることが多いようです。絶対にはずせない条件がある、もしくは入りたい物件があるという方はあらかじめこの時期を外しておくことをおすすめします。ただし、この時期は一年を通じて静かに物件を探すことができますので、ゆっくりと見たい場合には最適です。


6月~8月頃も、全体的に見てそれほど移動は多くありません。外も暑いので、なかなか物件を探そうという気にならない人が多いようです。なので、早めに行動しておこうと思ったら、この時期から積極的に物件探しをしておくと良いかもしれません。住んでみたい土地の下見、あるいはその地域に根差した不動産業者を探し、物件を見せて貰っても良いと思います。


9月~10月になると、ようやく外も涼しくなり始めます。この頃に挙式をしたり、新居を探す夫婦やカップルは実は意外に多いと言われています。そのため、同棲やルームシェアを始めようとすると、意外に空きが少ない可能性があります。また秋から異動になるサラリーマンが転居の準備を始める時期でもあるので、マンションや3~4LDKの住宅に空きが少なくなる事も多いようです。


11月~12月は一人暮らしを始める学生さんが物件探しを始めます。そのため、ワンルームを狙っている方は早め早めの行動を心がけておくと良いでしょう。


物件を見てから決める


物件を下見する際は、予算や条件を設定しておくことはもちろんですが、「内見」も同じくらいに重要です。今回は、内見に際して必要なポイントを絞りつつ、紹介していきたいと思います。


部屋探しでは、「イメージと違った」というトラブルが後から出てきやすいと言われます。間取り図などの図面や写真を見ただけで契約すると後々にトラブルが起こる場合があるのです。そのため多くの不動産業者では必ず内見というプロセスを踏んでから契約を完了させるようにしているようです。


内見とは現場を直接訪問して確認することです。大手不動産業者ではよほどの繁忙期でない限り、出来るだけ多くの物件を内見に連れて行ってくれますが、なかにはほとんど確認なし、口頭のみの説明で契約を取り付けてしまうケースもあるようです。その場合、先ほどの「イメージと違う」結果にもつながりかねませんので、自分で現場を見てチェックを重ねることが大切です。


物件は、自分の足で現場を訪れてみなければ分からない部分も多いです。たとえば部屋の壁紙の素材、壁の厚さ、音の響き具合、周辺環境の把握や交通の利便性などは紙の図面や写真を見たり、担当者の説明を聞くだけでは見えてこない部分です。できるだけしっくりくる物件を探せるように、時間の許す限り内見を重ねてみることをお勧めします。


特に、駅やバス停から自宅まで歩いて(もしくは車で)何分かかるかについては必ず確認したいポイントです。バスを利用する場合は時刻表をチェックし、出社や出勤にゆとりが持てるかどうかを把握しておきましょう。


同じく周辺の利便性を確認することも重要です。近所にあるお店(コンビニ・スーパー・銀行・郵便局・病院・交番・学校)チェックしつつ、騒音はうるさくないか、トラブルが起こりそうな環境ではないかなどをそれとなく見ておくことも重要かと思います。


最後に、引っ越し業者からも確認されるポイントですが、建物の周辺道路や物件内部に「余裕」があるかどうかも大切な点です。こればかりは間取り図を見ても載っていませんから、現地に行って確認を取っておく必要があります。トラックが入れる道路幅かどうか、物件内部に大きめの家具を運び入れることができるかなど、スペースの問題は要チェックです。