立地条件から決める

物件を検索するにあたって大切なポイントといえば、やはり「立地条件」です。交通量が多いのか、自然が多いのか、それともアクセスを重視するのか。周辺に便利な施設やサービスが揃っていることも条件に加えたいところですね。


特に、家族やカップル、あるいは友人同士でルームシェアをするなど、2人以上の物件を検索する際に考慮しておくポイントは

  • ・駅から徒歩でアクセスできる
  • ・徒歩が無理な場合、車や自転車で移動できる
  • ・使用する交通機関が通勤、通学に楽(乗り換え、移動が少ない)

などです。2人以上で引っ越しをする場合、自分は問題なくても家族や恋人の通学や通勤が容易になる立地条件の物件の方が良いですし、長く暮らす場所と考えれば生活の便が良いにこしたことはありません。


しかし、都心や街にアクセスが楽な地域で物件を探すとなると、どうしても家賃が高額になってしまいます。手ごろな価格で設備や広さの整った良い立地の物件は大抵郊外に集中しており、都心部に住むとなるとどこかで妥協しなければなりません。


ですが、必ずしも都心部が良いとは限らないのが現状です。震災や災害時に人口が集中し、混乱をきたすおそれがあるのも都心部の特徴です。また、買占めや買いだめによって必要な物が手に入らないという危険性もあるため、万が一の時に備えるならば多少郊外の物件の方が立地としては最適かもしれません。


また、どこの物件にも共通しているポイントとしては

  • ・騒音の心配がないか
  • ・工場の排気やゴミなどの臭いは問題ないか
  • ・日当たりや湿気の問題

なども外すことのできない項目です。どんなに立派なマンションでも、周辺がうるさかったり工場近くで臭いが充満しているような場所はあまり良い立地に建っているとは言えません。日当たりの問題も、同じく重要です。小さなお子さんがいるご家庭では、交通アクセスの良さや利便性だけでなく、こうした環境面の配慮も同時にチェックされることをお勧めします。


不動産屋さんから決める


部屋探しをする際は、建物の立地や予算はもちろん、まず不動産業者を選ぶところから始めてみてはいかがでしょうか。


不動産業者の種類

さまざまな物件を扱う不動産業者には「管理業者」と「仲介業者」の2種類があります。


「管理業者」とは、大家さんとあらかじめ委託契約を結び、入居者に紹介している不動産業者のことです。オーナーさん、それぞれの物件の詳細をよく知っており、入居後も随時設備の点検や管理を行ってくれます。入居者は安心して物件探しができるというメリットがあります。


「仲介業者」とは、大家さんや管理業者から賃貸物件を依頼され、入居者を集める業務を行う不動産業者のことです。仲介業者のメリットとしては常に多くの物件情報を抱えており、自社管理物件から依頼された物件まで、随時空きを紹介してくれるところにあります。入居者は仲介業者に仲介手数料を支払わなければなりません。


大手の不動産業者はどこも同じと考えてしまいそうですが、とても販売に熱心ですので、親身になって相談に乗ってくれるところも多くあります。店舗も清潔で使いやすく、中にはポータルサイトを充実させているところもあります。これらの大手不動産業者は複数を上手く使い分けたり、同時に使うなど通常の不動産業者とは違った工夫をすることで良い物件に巡り合える可能性があります。大手ということで利用している人も多いので、理想の物件を探し遅れないためにも複数の業者を使い分けてみたいところです。


大手は特にアクセスの便利な沿線沿いや駅近くの物件を多く紹介してくれます。なので、利便性を追求した地区・地域であれば他の業者にはない物件情報を多く抱えている場合もあります。とにかく便利な場所に住みたい!という方は大手不動産業者を利用すると良いかもしれません。


それに対して、個人経営も含めて比較的小さな不動産業者であれば、インターネットで検索をかけても絞り込めないような情報、たとえば周辺環境や大家さんの情報などを知っている所が多く存在します。安心して入居できる物件を紹介してもらいたいという方にはこちらの業者さんがおすすめです。