見落としやすいポイント

新しく賃貸物件を探そうと思ったら、まずは予算や条件を考えて複数の物件を候補に選び、それぞれを比較して選ぶことが多いと思います。しかし、住宅の防音機能や周辺環境、その他設備が整っているかどうかについては実際に住んでみなければわからなかったり、内見の時間帯にも関係する問題のため、条件を絞り込む段階で見落としやすいポイントといわれています。


また、物件を選ぶ際は建物の外見や内部のデザインなどから判断しがちですが、実際に住んでみるとそれ以外の部分が目立ってくるケースが多いようです。特に部屋内部の設備については色々と不満に感じる点も多く、代表的なものを以下にまとめてみました。


騒音

内見は大抵朝から夕方にかけて行われます。しかし、音の問題は大抵夜から明け方にかけて起こるものです。特に隣人が友達を連れてきたり、大音量で音楽をかけるような場合、防音対策がなされているかどうかは重要なポイントです。また、隣人が気にならない場合でも交通量の多い立地に物件が建っていたり、工場が近い、その他騒音がある環境もまた不快感を抱きかねません。自分自身の歩く音が階下に騒音となる可能性もあります。ですので、物件を見に行くのは夜遅めの時間帯がベストといえます。深夜は不動産業者が営業時間外のため難しいかもしれませんが、あらかじめ防音設備が整っている部屋を探す方が効率も良さそうです。


キッチン

冷蔵庫や棚がきちんと置ける広さであるかどうか、また床がきしまないかどうかなど基本的なところを確認しておくと良いでしょう。換気扇がついていない物件もまれに存在しますので、設備面にも注意が必要です。


リビング

実際の広さというものは、間取り図だけでは分かりません。コンセントの位置や数を確認し、さらに家具のサイズがきちんと収まるかどうか、換気や湿気、日当たりは問題ないかどうかを確認しておきましょう。


バス・トイレ

台風や梅雨などじめじめとした季節が多い日本では、特にバス・トイレの水周りの確認は重要なポイントです。水がきちんと流れるかどうか、蛇口がきっちりと閉められるかどうかはもちろん、カビにくいよう換気扇がついているか、清潔に保てるかどうかをしっかり確認しましょう。バスとトイレがユニットタイプか、セパレートタイプかどうかなどもこだわりのポイントです。


収納・押入れ

荷物の多い方にとって、収納や押入れは特に重要なポイントです。収納を自分で自作することもできますが、賃貸の場合壁や窓などに勝手に家具を取り付けられない物件もあるので注意しなければなりません。扉の位置、棚の高さなど、入居してからのイメージをはたらかせつつ確認をすると良いでしょう。


バルコニー

家庭菜園や洗濯ものを干す場所以外に、バルコニーは避難に使う場所でもあります。日当たりや風当たりのほかに、広さや幅に余裕があるかどうかを見ておく必要があります。洗濯機を室外に置く場合も、十分な広さが必要です。


セキュリティ

玄関の扉のオートロックやTVカメラ付きのインターホンなど、セキュリティ面の設備の有無もチェックするようにしましょう。特に建物の一階、二階など低い位置の物件は要注意です。女性ならば三階以上が望ましいですが、どうしても低階層の物件を探すのであれば、防犯設備に特化した「防犯優良マンション」から探したり、二重鍵など個人で防犯対策を施せる物件を探す必要があります。


共有スペース

エントランスや廊下、階段などの照明がきちんとついているか、建物内部に防犯カメラなどのセキュリティ対策がされているか、また火事や地震など緊急時にスムーズに逃げられるかなどの防災対策が施されているかをチェックしておきましょう。家族の中に小さなお子さんや女性のルームメイトがいる場合は特に気を付けたいポイントです。


また、エレベーターは地震の際にストップして閉じ込められる危険性もあります。万が一の際は階段を使って避難できるかどうかについても確認しておく必要があります。


リフォーム済を探す


「リフォーム済」物件は、「リノベーション」「リノベーション賃貸」などという言葉で言い表されることもありますが、どれも最近になって多く聞かれるようになった言葉です。既にリフォーム工事が完了してあり、きれいな状態に改装された物件のことを指します。


それに対して、「リノベーション可能賃貸」という物件もあります。あえてリフォームを行わず、入居者の希望を事前に聞いてから施工工事を行う物件のことで、費用をオーナーが負担してくれる所や、構造に問題のない範囲で最初から設計し直す「フルリノベーション」が可能な物件も登場しています。
リフォーム済の物件であれば、基本的に築年数が上がるほど家賃は安くなります。基本的にリフォーム費用は賃貸料にはかからないので、きれいになったお部屋に安く住めるというのはとても魅力的ですね。


また、一口にリフォームといってもその内容は様々です。もっとも多く行われるリフォームは壁紙、天井や床など内装の張替え。内装にはインテリアや室内空間の装飾が含まれる場合もあります。タバコのヤニや経年劣化で汚れた壁紙を新しいものにしたり、畳をフローリングに替えるなどして新品同様に改装されたお部屋もあります。賃貸物件を探せるオンラインサイトなどでは、壁紙の種類から探せるところもあります。リビングは出来るだけ明るい方が良い、日差しを浴びて暮らしたいという方はまず内装リフォーム済の物件がおすすめです。


また、築古物件で気になるのが設備。時代のニーズに即して、例えば風呂に追い焚き機能を追加したり、トイレを洗浄便座つきに替えたりする。水まわりは快適生活に直結する。見つけたら検討をしておきたいところです。


リノベーション可能物件の中には、カーペットや壁紙、壁面のタイルなどを自分好みのデザインから選べる、デコレーション物件も増えてきています。とことん自分らしいお部屋を探求したい方は、間取りや室内の設備だけでなく、壁紙など基本的な部分からこだわってみても良いかもしれません。