部屋のタイプから探す

新しく物件を探す時には、立地条件や設備の有無、費用などを設定することも大切ですが、まずは部屋のタイプから選んでみても良さそうです。具体的には戸建・アパート・マンションなどの物件のタイプや、1R・1K・1DKなどの部屋の広さなどから絞り込みます。


物件のタイプについて

「アパート」とは基本的に木造や軽量の鉄骨で造られた建物で、家賃が安くあがる一方、耐震性や建物の強度には少々不安があります。家賃だけでいえばマンションよりもずっと安く、節約して生活ができるので、短期間の滞在や期間限定で物件を探す際に活躍します。


「マンション」と呼ばれる建物は鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリートで造られた、アパートよりも強度のある建物です。エレベーターつき、オートロックつきなど設備が整っていることもマンションの特徴です。


部屋の広さについて

「1R」と書かれている場合、部屋が一つである間取りのことを指します。1Kは1つの部屋にK(キッチン)がついたもの、1DKは1つの部屋にDK(ダイニングキッチン)がついたもの、家族向けの物件にみられる1LDKは1つの部屋にLDK(リビングダイニングキッチン)がついている部屋のことです。


キッチンにテーブルと椅子を置いて食事をするならばDK(ダイニングキッチン)になります。さらにそこへソファーを置けるくらいの広さを求めるならば、LDK(リビングダイニングキッチン)となります。家族がいる場合は1Kでは狭く、必然的にDKかLDKから選択することになると思います。


単身者や学生さんなら、1DKや1LDKは広く感じられるかもしれません。1Rでも鉄筋を使った耐震性の高いマンションは多いですし、8畳以上の広々とした間取りのお部屋もあります。これから家族が増えるかもしれない、もしくは誰かとルームシェアを考えている場合は、前もって必ず「シェア可」と明記された物件を探しておくようにしましょう。


「ない」設備に注意


物件を探す際に、「家賃が安いから」という理由だけで決めてしまわないように注意したいところです。何故なら、お風呂場に換気扇がない、洗面所がない、洗濯機置き場がないなど、住み始めてから「ない」ことに気づくケースがおおいに有り得るからです。給湯設備や排水設備など、生活に欠かせない部分は妥協せず事前にしっかりチェックするようにしましょう。


風呂場やキッチンなどの水回りの設備に加えて、北国など寒冷な地域ではエアコンがついていない物件も多くあります。エアコンが当たり前の地域から北国へ転居すると、どこにもエアコンがなく驚くこともしばしばです。また、冬は逆にぐっと気温が下がるため、室内温度を適切に管理できるかどうかについても、あらかじめ確認しておく必要があるでしょう。


また、駐車場はあっても空きがなく、近場の駐車場を借りるしかないという場合もあります。こうなると駐車場は高くつきますので、高額であるうえに歩いて車を取りに行かなければなりません。また、宅配ボックスや24時間利用可能ゴミ置き場がないマンションもあります。こうなると不便を感じるケースも多くあります。駐車場や宅配ボックスなどは全てのマンションに揃っているとは限らないので、「あると嬉しいもののリスト」に入れておきたい設備です。


都会の場合はセキュリティも重要になります。 TVモニター付きインターホンや防犯カメラなどは身を守るうえで重要ですし、あって困ることはありません。訪問者が不審人物や勧誘目的のセールスマンでないかどうかを確認してから応対できる「カメラ付きインターホン」は、一人暮らしの女性を中心に人気の設備です。


また、近隣にコンビニや郵便局などがないという不便もみられます。お仕事をしていると、夜遅くに用事を済ませたいと思うケースも多いはず。しかし、周辺環境が住宅地ばかり、あるいは家が少なく自然が多いとコンビニまで遠かったり、郵便局も24時間対応ではないなど色々な不便が生じます。自分自身のライフスタイルに合う立地条件の物件を探してみることも大切ですね。